第13回 関西合同音声ゼミ


□ プログラム


□ ポスター発表プログラム
      ポスターセッション1  13時45分〜15時00分

(1-1)  「NAIST学内案内ロボットの製作 〜 発進!Juliusロボ 〜」
         西村竜一(奈良先端科学技術大学院大学)

(1-2)  「ささやき声の音声認識におけるMLLRに基づく話者適応の評価」
         野間啓介(奈良先端科学技術大学院大学)

(1-3)  「MLLRにおける初期モデルの検討」
         松浪加奈子(奈良先端科学技術大学院大学)

(1-4)  「周波数領域ICAと時間領域ICAを併用したブラインド音源分離」
         西川剛樹(奈良先端科学技術大学院大学)

(1-5)  「日英言語間にわたる声質変換」
         真下美紀子(奈良先端科学技術大学院大学)

(1-6)  「話者空間のモデルに基づいた音声認識」
         趙國(立命館大学)

(1-7)  「日本人学習者のための英単語発音評定」
         前田直子(立命館大学)

(1-8)  「統計的F0モデルのための言語属性重みの検討」
         嶋寺和喜(立命館大学)

(1-9)  「主辞の韻律による皮肉/称賛の判別」
         辻 晋介(同志社大学 M2)

(1-10) 「洋楽と邦楽の歌唱法の違い −ビブラートについて−」
         長幡大介(同志社大学 M3)

(1-11) 「音楽美評価の調査法の提案とその評価」
         今泉光視(同志社大学 B4)

(1-12) 「発話における話者特徴のF0分析に関する研究」
         辻 光 立命館大学)

(1-13) 「家電製品のマニュアルの知識と構造を利用した音声対話ヘルプシステム」
         伊藤亮介 (京都大学)

(1-14) 「談話標識の抽出に基づいた講演音声の自動インデキシング」
         長谷川将宏 (京都大学)

(1-15) 「映画を教材とした英語学習支援システムの検討」
         五十里 慎吾,佐野 輝希(龍谷大学)

(1-16) 「音声情報と映像情報の統合による商品ビデオのセグメンテーション」
         三島 崇志(龍谷大学)

(1-17) 「部分空間射影による声質変換」
         井上 徹(龍谷大学)

      休憩 15時00分〜15時15分

      ポスターセッション2  15時15分〜16時30分

(2-1)  「音声認識エンジンJuliusによる自然対話音声の認識」
         内田賢志(奈良先端科学技術大学院大学)

(2-2)  「音声認識エンジンJuliusを用いた自動ラベルの尤度分析」
         米良祐一郎(奈良先端科学技術大学院大学)

(2-3)  「STRAIGHTを用いたCHATRの韻律制御」
         舛田剛志(奈良先端科学技術大学院大学)

(2-4)  「音源方位情報を利用した独立成分分析によるセミブラインド移動音源分離」
         澤井克之(奈良先端科学技術大学院大学)

(2-5)  「音声対話システムに用いる頑健な音響モデルの構築」
         奈木野豪秀(奈良先端科学技術大学院大学)

(2-6)  「確率モデルに基づいた音程の自動認識」
         梶山晋弘(立命館大学)

(2-7)  「F0モデルを利用した重要文検出の検討」
         井上章(立命館大学)

(2-8)  「ネットワークアクセス可能な機能的音声DBの検討」
         川下太郎(同志社大学 M2)

(2-9)  「翻訳自動評価法の性能評価」
         安田圭志(同志社大学 D1)
 
(2-10) 「音楽美評価の評価要因についての一考察」
         久保雅彦(同志社大学 B4)

(2-11) 「離散フレーズパターンを用いた朗読長発話の基本周波数生成手法」
         豊田 悟史(立命館大学)

(2-12) 「VoiceXML処理系における混合主導対話の実現」
         秋田 祥史(京都工芸繊維大学)

(2-13) 「音声認識エンジンJulius/JulianのAPI実装」
         住吉貴志 (京都大学)

(2-14) 「音声対話システムにおける訂正発話の韻律的特徴の分析」
         山肩洋子 (京都大学)

(2-15) 「映像編集における音声重要度関数の設計に関する検討」
         北村 亜希(龍谷大学)

(2-16) 「講義音声を対象としたトピックセグメンテーションの検討」
         山本 夏夫(龍谷大学)

(2-17) 「自動拡張辞書を用いたキーワードスポッティングによる情報検索システム」
         山本 哲也(龍谷大学)

□ 参加者内訳
----------------------------------------------------------
  大学(研究室)                   発表   参加者   懇親会
----------------------------------------------------------
立命館大学(山下研)                 5     17       9
立命館大学(小川研)                 2       7       6
奈良先端科学技術大学院大学       10     30     30
同志社大学                         6     15     14
京都工芸繊維大学                   1     19       3
京都大学                           4     20     19
龍谷大学                           6     13     13
----------------------------------------------------------
  合計                           34   121     94
----------------------------------------------------------

□ 世話役からの反省・感想・申し送り
□ 会計報告
収入
	前回からの繰越金               2,998
	懇親会費 (立命館-山下研) x9   22,500
	         (立命館-小川研) x6   15,000
	         (奈良先端大)    x30  75,000
	         (同志社大)      x14  35,000
	         (京都工繊大)    x3    7,500
	         (京都大)        x19  47,500
	         (龍谷大)        x15  37,500
	------------------------------------
	                             242,998
支出
	名札 ( @70 x 50 )              3,675
	サインペンx4, セロテープx6     2,268
	紙コップ, ジュースなど         4,087
	懇親会 x90                   180,000
	------------------------------------
	                             190,030

残金
	収入                         242,998
	支出                         190,030
	------------------------------------
	                              52,968